• HOME
  • 足指の後遺障害について

足指の後遺障害について

交通事故によって足指に後遺障害を負ってしまう場合があります。足指の後遺障害は、例えば足指の欠損、足指の機能障害などがあげられます。
足指は、手指と同様に、指それぞれのもつ関節の名称が、親指(母趾 ぼし)とそのほかの指(人差し指、中指、薬指、小指)で規定の仕方が違います。
親指の関節は、指先に近いほうの関節をIPと呼び、足の裏に近いほうの関節をMPと呼びます。一方、その他の指の関節は、指先に近いほうの関節をDIPと呼び、真ん中の関節をPIPと呼び、手のひらに近いほうの関節をMPと呼びます。
この際、足指の欠損とは親指では第一関節のIPより先の部分、それ以外の他の指では第二関節のPIPより先を失ったものになります。
 
足指の後遺障害の認定基準は以下の通りになります。
 

足指の欠損障害の認定基準

①欠損障害

等級 認定基準
5級8号 両足の足指の全部を失ったもの
8級10号 1足の足指の全部を失ったもの
9級14号 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
10級9号 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
12級11号 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
13級10号 1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの

②機能障害

等級 認定基準
7級11号 両足の足指の全部の用を廃したもの
9級15号 1足の足指の全部の用を廃したもの
11級9号 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
12級12号 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
13級10号 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
14級8号 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの

足指の後遺障害の等級認定においては、下肢の後遺障害同様に可動域の測定が重要です。指がどの程度まで動くかどうかの問題です。 可動域は医師が測定を行いますが、可動域測定をした経験がない医師もおり、非常に少ないケースですが、先生によっては、どの部分から図るべきかなど起点が分からない先生もいいらっしゃるのが実情です。
 
可動域の測定が適正に行われなかったために、本来得られたであろう等級認定が得られない場合もあります。可動域の測定においては、可動域測定のノウハウを持った専門家のサポートが必要と言えます。
 
当事務所では、足指に後遺障害を負われた方に対し、適正な後遺障害の等級認定を得られるように認定のサポートを行っております。足指に後遺障害を負われてしまい、お悩みになられていることがございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

後遺障害の種類に関する記事はこちら

高次脳機能障害

遷延性意識障害

脊髄損傷

むちうち

眼の後遺障害

耳の後遺障害

鼻の後遺障害

口の後遺障害

上肢(肩・腕)の後遺障害

手の後遺障害

下肢の後遺障害

足指の後遺障害

醜状障害

3miim.pngのサムネール画像

ImgSDTop3_04.jpg

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用

 

 

 

 

弁護士法人miim 029-302-0111

茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元水戸の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.