40代男性が頚椎捻挫で14級を獲得し、275万円の賠償金を獲得した事例(14級)

側面衝突.jpg  

事故発生

茨城県常陸大宮市において、相手が居眠りの車両に側面衝突される事故が起きました。

 

頚椎捻挫の診断を受け、被害者請求にて後遺障害等級14級9号が認定されました。

 

当事務所の活動

相手保険会社より治療打切りの連絡があり、今後どうしたらよいか、ご相談にお越しくださいました。今後の被害者請求ならびに賠償金交渉をサポートさせていただくことになり、早速介入通知を行いました。

 

 

当事務所の関与した結果

後遺障害被害者請求につきまして

後遺障害診断書ならびに画像を取り付け、専門医による画像鑑定の意見書を取り付けることとしました。この意見書によって事故に起因する症状である旨を明らかにしていただき、被害者請求を行いました。

 

結果、後頚部痛右腕~手のしびれの症状について「局部に神経症状を残すもの」として後遺障害14級9号の認定を受けました。
 

 

賠償金交渉につきまして

後遺障害認定14級の結果を待って、早速交渉を開始いたしました。
入通院慰謝料については、赤本別表Ⅱの97万円後遺障害慰謝料赤本14級相当分の110万円逸失利益労働能力喪失率5%労働能力喪失期間5年(いずれも14級相当)で91万円をそれぞれ主張しました。

 

交渉の結果、入通院慰謝料は90%の87万円後遺障害慰謝料はほぼ満額逸失利益は労働能力喪失期間を4年として75万円で和解することが出来ました。
 
結果としまして、自賠責保険から後遺障害14級認定時に支払われる75万円とあわせて、275万円での解決となりました。賠償金交渉はおよそ2週間での和解となりました。

 

 

解決のポイント

後遺障害等級申請に向けて治療期間にできること

本件は、保険会社の治療打切り後にご相談にお越しくださいましたが、事故から治療打切りまで一貫した通院ペースで治療を受けておられました
この、通院回数・ペースが後遺障害等級獲得の上でも、賠償金交渉の上でも大きく影響したと考えられます。
 
主にむちうちの症状がある場合、「MRIなどの画像所見上、異常がないもの」として後遺障害ではないと判断されるケースは多々あります。つまり、医療画像上証明できなければ、ご本人の訴える症状で審査・判断となってしまうため、厳しい結果となってしまう可能性があるということです。
 
本件は、通院期間200日の間、半数以上を通院されておられました。
もちろん、お仕事等の事情で通院しづらい方もいらっしゃると思われます。

 

しかしながら、「痛い=通院する」という、わかりやすい構図が成り立つこともまた事実です。
裏を返せば、通院にムラがあると、保険会社も「通院していない=痛くない=仕事に支障がない」として休業損害等の賠償金を出し渋る材料となってしまいます。
 

 

また、後遺障害認定の際に、むちうちのような客観的な証拠を取りづらい症状において、通院状況は重要な“証拠”となります。

 

本件も、「提出の画像上、事故による明らかな異常所見はみとめられず、後遺障害診断書上も有意義な神経学的所見に乏しいことから他覚的に神経系統の障害が証明されるものではない」としながらも、「治療状況なども勘案すれば、将来においても回復困難な障害と見込まれる」として後遺障害14級が認定されました。
 
通院ペース、回数は、治療中に意識しておかなければ、後になって変更することはできません。交通事故に遭われた際は、まずしっかり治療を行うことが完治に向けて、あるいは、後遺障害申請に向けても大変重要です。
 

車種別で解決事例を探す

自動車.png   バイクバナー.png   自転車.png   歩行者.png

 

職業別で解決事例を探す

経営者.png   会社員.png   アルバイト.png   学生.png
主婦・主夫.png   求職中.png        

 

傷病別で解決事例を探す

むちうち.png   骨折.png   高次脳機能障害.png   死亡事故.png

 

部位別で解決事例を探す

頭部.png   首・腰.png   胸部.png   上肢.png
下肢.png   TFCC.png        

 

等級別で解決事例を探す

14級.png   12級.png   10級.png   9級以下.png
非該当.png            

 

当事務所の解決事例一覧

掲載日 事例内容 部位 等級

被害者の

職業

事故

分類

獲得

金額

(万円)

増加額

(万円)

2015.02.06

オートバイ乗車中の転倒事故で上肢骨折・可動域制限の障害により2920万円を獲得した事案

上肢

併合

10級

会社員 オートバイ 2920 2098
2015.02.06

自転車で走行中、普通乗用車と接触し下肢骨折・関節機能の障害により2180万円を獲得した事案

下肢 10級 アルバイト 自転車 2180 1610
2015.02.06

 

オートバイ乗車中に普通乗用車との衝突を回避しようとして転倒し被害者側の過失を60%主張されたが裁判上の和解で390万円を獲得した事案

 

頚椎

腰椎

14級 求職中 オートバイ 390 250
2015.02.06

普通乗用車運転中、携帯電話を操作している前方不注意の普通乗用車に追突されて通院慰謝料111万円を獲得した事案

頚椎 なし 会社員 自動車 111 37
2015.03.20

専業主婦が椎間板ヘルニア・頚椎捻挫による休業損害で約400万円獲得した事案

椎間板

頸椎

なし 主婦 歩行者 393 280
2015.03.25

高次脳機能障害で裁判手続きを得ずに約5130万円獲得した事案

頭部 併合
4級
求職中 歩行者 5130 2000
2015.04.07

赤信号停車中に追突でされ、頸椎捻挫で治療費130万円のほかに305万円で和解した事案

頚椎 14級 経営者 自動車 435 320
2015.04.16

パートで働く主婦が赤信号停車中追突され、後遺障害を除く一部示談において160万円で早期和解した事案

- なし パート
主婦
自動車 160 80

2015.04.28
 
50代主婦が一部示談金として入通院慰謝料250万円獲得した事案 下肢 なし 主婦 自動車 250

2015.05.12
 
50代男性会社員が頚椎捻挫による休業損害で約100万円増額した事案(14級) 上肢 14級 会社員 自動車 250 100

2015.05.13
 
専業主婦が事故による腰椎捻挫で当初提示額より110万円増額した事案 上肢 なし 主婦 自動車 230 110

2015.05.17

40代女性が頚椎捻挫で当初提示額より約90万円増額した事案
 
上肢 14級 主婦 自動車 220 90
2015.10.19 30代男性が頚椎捻挫等で22万円増額で早期解決した事例

頚椎

胸椎

腰椎

なし 会社員 自動車 86 22
2015.11.02 30代女性(家事従事者)が頚椎捻挫で当初提示額より約90万円増額した事例 頚椎 なし 主婦 自動車 170 90
2015.12.14 40代女性(主婦)が頚椎捻挫等で当初提示額より、約85万円増額した事例

頚椎

胸椎

腰椎

なし 主婦 自動車 148 85
2015.12.17 60代男性が頚椎捻挫・腰椎捻挫で早期解決、約60万円増額した事例

頚椎

腰椎

なし 会社員 自動車 115 47
2015.12.17 40代男性が後遺障害非該当、通院慰謝料で128万円獲得した事例

頚椎

腰椎

右上腕

なし 会社員 自動車 128
2015.12.17 40代男性が頚椎捻挫・腰椎捻挫で約140万円増額した事例(14級)

頚椎

腰椎

14級 会社員 自動車 310 140
2015.12.18 50代会社経営の男性が裁判にて休業損害金200万円を認められた事例(14級)

頚椎

左上肢

14級 会社経営者 自動車 520 270
2017.02.14 40代男性が頸椎捻挫・腰椎捻挫で約130万円増額した事例(14級)

頚椎

腰椎

14級 会社員 自動車

680

2人分

330

2人分

2017.03.02 40代女性が頚椎捻挫で画像鑑定を活用し、14級認定を獲得した事例(14級) 頚椎 14級 会社員 自動車 310 140
2017.03.13 50代主婦が頸部の痛みについて異議申立てを行い、14級を認定された事例(14級) 頸部 14級 主婦 自動車 290 120
2017.03.23 家族同乗の車で事故に遭い、ご家族3名で約330万円増額した事案(14級)

頚椎

腰椎

14級 会社員・主婦・小学生 自動車 680
3人分
330
3人分
2017.03.29 80代男性会社経営者が死亡事故で、裁判外で約740万円増額した事例 - なし 会社経営者 歩行者 4100 770
2017.04.11 40代男性が通院慰謝料を増額し、2週間でスピード解決した事例 頚椎 なし 会社員 自動車 77 60
2017.04.26 40代女性と70代男性の親子が頸部挫傷で約170万円増額した事例(14級) 頸部 14級

主婦

無職

自動車

581

2人分

170

2人分

2017.05.01 20代男性が頚椎捻挫で通院慰謝料を増額し、2週間でスピード解決した事例 頚椎 なし 会社員 自動車 56 15
2017.05.16 50代女性が頚椎捻挫・腰椎捻挫で約270万円を獲得した事例(14級)

頚椎

腰椎

14級 主婦 自動車 270 -
2017.05.18 40代男性がバイク事故による後遺障害で約3,000万円を獲得したほか、希少性の高いバイクの修理費150万円を獲得した事例(9級) 左上肢 9級 会社員 大型バイク 3000 -
2017.05.25 30代女性がTFCC損傷を事故との因果関係を否定されたことに対する異議申立てを行い、12級を獲得し、750万円の賠償金を得た事例(12級) TFCC 12級 会社員 自動車 750 -
2017.06.06 60代夫妻が後遺障害14級を認定され、主夫の休業損害を主張するなど2人分640万円の賠償金を獲得した事例(14級)

頚椎

腰椎

14級

主夫

会社員

自動車

640

2人分

-
2017.06.13 50代女性が通院慰謝料・休業損害を増額し、約170万円で解決した事例 - なし 主婦 自転車 176 130
2017.06.19 40代男性が、頚椎捻挫で14級を獲得し、275万円の賠償金を獲得した事例(14級) 頚椎 14級 会社員 自動車 275 -
 
3miim.pngのサムネール画像

ImgSDTop3_04.jpg

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

ご相談の流れ

アクセス

弁護士費用

 

 

 

 

弁護士法人miim 029-302-0111

茨城県水戸市城南1丁目4-7 第5プリンスビル6階
TEL:029-302-0111 FAX:029-302-0023
初めての方でも安心してご相談いただける地元水戸の法律事務所です。

Copyright (C) 2015 弁護士法人miim All Rights Reserved.